特定技能外国人材を受け入れるまでの流れ

① お申込み(入国前)

本制度や留意点、日程や必要な準備、かかる費用など詳しくご説明します。
その後、組合員に加入して頂き、受け入れに関しての必要事項・ご希望を確認させて頂き手続きに入ります。

1.受入れ企業さまの企業概要、受入れ実績、労働環境

2.雇用契約の内容(労働時間・休日・賃金・福利厚生など)

3.求人の内容(面接の流れ・募集人数・作業内容の詳細など)

4.希望する人材の詳細(年齢・性別・経験・利き手や視力・腕力などの身体的特徴・積極性や集中力などの精神的特徴など)

5.就労環境について

6.受入れ企業さまと当組合での支援委託契約を締結

7.求人開始

② 人材選考・雇用契約

1.渡航面接又はテレビ電話面接を行い人材選考(スクリーニング)

2.技能と日本語の教育を行い特定技能検定を受験させます。

3.試験合格後、特定技能ビザの取得

4.労働条件・活動内容・入国手続き・保証金の徴収の有無等について対面又はテレビ電話等で事前ガイダンスを実施します。

5.はれて外国人材はに日本へ旅立ちます

③ 入社準備(入国後)

1.入国時に空港と事業所又は住居(寮)への送迎します。

2.住居等の契約、銀行口座開設、携帯電話やライフラインの契約等を行います。

3.日本でのルールやマナー、公共機関の利用方法や連絡先、災害時の対応等の生活オリエンテーションを行います。

4.居住地の役所、社会保障、税名との手続きの同行、書類作成の補助

5.はれて入社です。頑張って働いてもらいます。

④ 入社後の支援

1.外国人材へ日本語教室等の入学案内や日本語学習教材の情報提供を行います。

2.職場や生活上の相談・苦情等について外国人は十分理解できる言語での対応、内容に応じた必要な助言、指導を行います。

​3.地域住民との交流の場やお祭りなどの日本人との交流を促進します。

4.受入れ側の都合により雇用契約を解除する場合の転職先を探す手伝いや、推薦状の作成等に加え必要に応じて行政手続きの情報提供

5.支援責任者等が定期的に面談し、労働基準法違反などがあれば通報を行います。

⑤ 帰国時の支援

1.帰国時に空港の出国口まで送迎・同行します。