2022/6/8 技能実習生の配属後、巡回指導のお話

去る6月3日、先日配属した、機械加工のインドネシア技能実習生のいる千葉県の組合員企業に巡回に行ってきました!

とても努力家の2名の実習生で、とても可愛がってもらってました!!

午後の業務時間に抜けさせてもらい、組合員企業のお取引のある銀行へ口座開設に連れて行きました。

当組合のスタッフが通訳として同席しましたが、実習生の会話は問題ないのですが、銀行様式の申込書の日本語の記入やカタカナでの読み書きに戸惑ってましたね。(写真1)

銀行の手続きが終わった後、職場に戻り実習の再開(写真2)


企業様と実習生の許可を得て、実習生の寮へ見回りをしてきました。

生ごみの保管方法が悪かったので、実習生に改善を伝えました!暖かくなってきたこの時期は虫も湧き出すので厳重注意!

居室の見回りをしていると、仕事の勉強とそれに関わる日本語の教材が広げてありました。評価は◎です(写真3)

配属して3カ月は、実習生にとっても企業さまにとっても重要ですからね。巡回は特に問題なくスクスクと成長している実習生でした。


続いて6月5日、東京都のとびの組合員企業で働くベトナム人2号技能実習生と当組合で支援するベトナム1号特定技能外国人の巡回行ってきました。仕事、生活、給与も問題なく巡回は終了。

社長に事前に許可をもらって、実習生の寮にて技能実習生達4名と実習指導員の職長さん、当組合のスタッフ2名で懇親会を開催しました!!(写真4.5)

みんな仕事も楽しく可愛がってもらっていてホッとしました。


配属時は全然しゃべれなかった実習生達も日本語でジョークを言ったりボケてみたり。

入国したばかりの頃は、日本にはなじみのない、旧正月(テト)にどんちゃん騒ぎして、社長にメチャクチャ怒られました…

夜も休みの日も、遠慮なく社長に電話して困らせました…

みんな今は逞しくなって立派に成長してるから、そんなことを思い出話として、笑って飲める!!

終始笑顔の絶えない、素敵な懇親会に参加できて当組合のスタッフも幸せを分けてもらってるようでした!


技能実習生の努力・受入企業の思い遣り・監理団体の橋渡しが、皆を笑顔にするんですね~


​おすすめの投稿
最近の投稿
タグで検索
フォローする
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic