2022/6/30 建築配管の技能実習候補生の面接!

猛暑が始まりましたね~。暑いです。

この猛暑の中、屋外で作業をする実習生たちの健康状態も心配です…


昨日も早朝より横浜市の組合員企業さまよりお電話いただき、ベトナム人実習生の1人が高熱を出して休ませていると。。。技能実習責任者も生活指導員も現場や予定があり、当組合のスタッフが診察に連れて行きました。

高熱・咳…コロナの疑いもあり、、、検査をして結果は…「陰性(ネガティブ)」!!!このいきなりの猛暑で熱中症の症状が出たとのこと。本日から職場復帰。塩分チャージと水分補給をしっかりね。


タイトルのお話。先日6月28日に横浜市の組合員企業様のベトナム人技能実習候補生のリモート面接を行いました。職種は「配管(建築)」です。

コロナ前までは、渡航して面接するのが一般的でしたが、忙しい企業様が休みを取ってお金をかけて渡航することに対するメリットが少なくなった気がします。もちろん、対面で面接したり実習生の家族に会ったりと渡航するメリットもありますが…

今回は2名の求人に対して6名の応募がありました。面接前にIQテスト・体力テストを行い動画を観ながら面接担当と適性を判断します(写真1.2)

IQテストや体力テストは実習が始まってからとても重要なんです。作業もそうですが日本語の習得率に影響します。


組合員様の事務所に当組合スタッフと通訳スタッフでお伺いして面接開始!

N社長は、とても外国人思いの社長さんです。当組合のスタッフもこんな企業様で実習をさせたいと言っていました。ポイントは『性格と健康』とのこと。(写真3)

同居させるのにどのくらいの年齢差がいいのか?

虫歯はあるのか?歯が悪いと健康に影響するとのこと!

毎回ですが候補者は緊張しています。当組合のスタッフは笑顔を引き出す達人。

緊張をほぐすと良いところがどんどん出てくる。


一次面接・二次面接を経て、2名の合格者が決まりました。

合格おめでとうございます。(写真4)

パソコン画面の写真になっちゃいましたが、喜びは伝わるかな~。

合格者の来日を心よりお待ちしています。




​おすすめの投稿
最近の投稿
タグで検索
フォローする
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic