2022/6/24 技能実習生の実習現場!

今月10日に配属された、インドネシア人技能実習生の様子を伺い、当組合のスタッフが組合員企業さまに連絡したところ、実習生と長野に出張中とのことで、実習現場の写真を送って頂きました。

田○社長は、配属月なのでまずは一人ずつそれぞれの適性や性格を見極めるために3名の実習生のうち1名のF君を連れて現場に行かれてました。


この実習生F君の職種は「建設機械施工(締固め)」。簡単に言うと道路の舗装とかの実習をしています。頑張る姿をアップします。とても一生懸命働くと高評価をいただきました。(写真1-4)

やはり日本語でコミュニケーションをとれることは大きいですね。複数人での配属はどうしても母国語で話しがちなので、そこはあえてバラバラに日本人と作業するようにしてくれているようです。基礎級の検定もあるのでしっかり日本語の聞き取り読みもできないといけませんからね。


仕事帰りの車中での写真(写真5)。社長の運転の横で居眠り…上司が運転してるのに寝ちゃダメだよね~と思いましたが、田○社長は「慣れない日本で、きつい仕事一生懸命やって疲れてるんだろ!」って優しいお言葉をかけてくれました。優しくも厳しくこれからも実習生よろしくお願いします。


宿泊先のホテルでの朝夕の食事の写真も送って頂きました。食欲旺盛なようで安心しました。


他の2人も他の現場で頑張っているとのことで、今回は実習先のレポートでした~。


​おすすめの投稿
最近の投稿
タグで検索
フォローする
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic